カテゴリー「TT」の記事

黄昏で見えない

伊豆スカイライン・滝知山展望台にて

霞がかって駿河湾が見えません
K10D, SMC PENTAX DA16-45mm F4ED AL

仕事の関係で遠出することが出来ずにいましたが、やっと時間が取れましたので箱根・伊豆方面へ。

冬のすっきりした空気の中で撮影に行けずにちょっと残念でしたが、まぁいいか。

社会実験とやらで全線走っても¥200-ということで玄岳で戻ってくるつもりだったはずが天城高原まで行って大室山リフトに乗ってきちゃいました。ここでゆったりとしてたら箱根スカイラインが通せんぼになってて走れず・・・残念。


滝知山です。風が強くてサブかった^^
K10D, SMC PENTAX DA16-45mm F4ED AL

| | コメント (2)

幽玄

Imgp0347_2

朝もやに覆われた中を走りながら、ちょっと停まって撮影。

Imgp0349

この一帯だけが霧に覆われていて、移動すると視界がが晴れたりします。時間が経ち、霧が晴れると、こんな風景になりました。

Imgp0352

忍野村での1コマ。

Imgp0356

そして、ここへ移動。

Imgp0361

すっかり冬景色になっています。

こんな天気だったら夜明けから撮りたかったのですが、天気予報にだまされて早朝は箱根をうろついていましたのでまたの機会ですね。

Imgp0368

| | コメント (6)

ダンパー交換

これまで辛く厳しいと思われていたワインディング走行に革命が!

↓photographic (c) Ishikawa Engineering

311f5f4f_2 ということで、TT グレッグル号にサスペンションリフレッシュを施しました。

作業の様子はこちら

このクルマが私のもとへ来て以来、以前のスイフトスポーツと比較して非常におとなしいマイルドな乗り心地は心地好くもあり、場面によっては物足りなさもあり、痛し痒しといった状態でした。

具体的には、近所を流すときにはこのふんわりとしたラグジュアリー系の優しさは心地好いのですが、いくら6気筒で鼻が重いとは言ってもこのクルマでクネクネした峠道を走ることは私にとって「あれ?なんかちょっと違うんじゃないの?」という違和感を禁じ得ませんでした。

でも特別ダンパーがヘタっているような印象も無く、このクルマは高速道路命なのか!などと思いつつもその高速道路ではある程度以上の速度域では路面のうねりに追従しきれずにフルストロークしてしまい、イマイチ感は否めませんでした。

これを購入するときに試乗しましたゴルフⅤ R32 はもっとしっかりした締りのある乗り心地であったことを思い起こし、友人達やイシカワさんに相談。

イシカワさんによりますと、同じ3.2リッターでも Golf R32 と TT 3.2Quattro S-Line ではサスペンションセッティングが全く異なるそうで、フォルクスワーゲンRラインが純スポーツ指向であるのに対し、私のアウディの場合はS-Line とはいえスパルタンさよりも高級、贅沢方向に振ってあるということでした。ですから『このカッコウでゴルフ R32 的乗り味にするならばダンパーを換えてみるのが良い』という結論に達したのです。

クルマを受け取りまして歩道を跨ぎ、道路に出ようとブレーキを踏んだ瞬間違いを実感しました。起きるはずのノーズダイブがまったく無いのです。そしてほんの数十メートル走行しただけで根本的に別種のクルマに乗り換えたような違いを実感しました。

ダンパーの性能低下は突然訪れるものではなくじわじわと忍び寄る、ということもお聞きしましたので実際換え時であったのかもしれませんね。

『きびきびとしたハンドリングでワインディングが楽しくなります。』との前評判どおり、頬がニヤケっ放しです。

さて、今晩は何処へ走りに行こうかなー(笑)

| | コメント (6)

ビーナスライン

こんな道を走りたい! 第二弾は“ビーナスライン”。

霧ヶ峰から車山周辺にかけての風景とワインディングロードは気分爽快!ですね。

Imgp0089

子供の頃に叔父にドライブで連れて行ってもらったことはありますが、自分ではスキーに行く時意外はあんまり行っていませんでしたのでここの魅力を忘れかけていましたが、やはり良い所だと思います。

Imgp8356

これは同じ場所ですが、上が10月、下は7月のものです。天気が良くても悪くてもハズレと言うことの無いところではないでしょうか。

Imgp8391

Imgp8415

八島湿原が近くにあり、散策すると自然が堪能できます。

Imgp0091

Imgp0100

こちらにもう少し写真を用意しましたので気になった方は覗いて見てください。

第三弾につづく。

Imgp0105

| | コメント (2)

志賀草津道路

新たなカテゴリの登場です!

昔、CAR & DRIVER 誌で同じ名前のシリーズがありましたが、あそこまで詳しく書くことは困難ですので、文字も写真も少しだけです(笑)

第一弾は、志賀草津道路です。

Sibutouge_2

群馬・長野県境を結ぶ 山道ですが、冬季は積雪で閉鎖になります。

紅葉も綺麗ですので通れなくなる前に出かけてきました。

午前2時半に自宅を出発、燃料補給して軽井沢、浅間火山ルート→万座ハイウェイ経由で5時半過ぎに到着。

ちょうど夜明けのタイミングに間に合いました。

Sibutouge_1

渋峠駐車場は満杯で停まりきれないクルマと三脚をおっぴろげたカメラ趣味の方々が周辺一帯を占拠しています!

Imgp0005_2

Imgp0006

↑ここは夕陽の丘と呼ばれる場所です。夜明けに行って日没までここにいる、というのもアレなので朝陽でガマンします。

Imgp0009

ここいら一帯は樹木が少なく、見晴らしが良いのですが場所によっては荒涼とした印象になります。

Imgp0037

遠方は草津白根山です。活火山だけのことはあり、迫力ある眺めです。

Imgp9992_2 湯釜は現在[噴火警戒レベル1(平常)が継続]の為間近から眺めることが出来ませんでした。

20分ほど掛けて「登山」後、やっとの思いでありついたのはこの遥か彼方にに小さく見える景色でした。

でも、早朝ということもあり誰もいない静寂の中で360度のパノラマが堪能出来ましたので良しとしましょう。

Imgp0030

夜明けの時間帯は視界がとても悪く下界の芳ヶ平は霞の中、といった感じでしたが少し時間が経ったらまあまあ見えるようになりました。この写真は結構いじりまくってありますので実際はもっと白っぽい写りになっています。

Imgp9961

↑夜明けの様子です。FA77mm F1.8 Limited ですが、私のウデではこれが精一杯です(笑

自宅からかなり距離があり、そんなにしょっちゅう来れる所ではありませんので運が悪かったと思って諦めるしかありませんね。

閉鎖になる前にもう一度来れるかな・・・

紅葉の様子などはこちらでご覧ください。

Imgp0002_edited1

| | コメント (2)

Give me enough rope!

ということで一人で出かける許可をもらいましたので、ワクワクしながら一人でチョイ乗りしてきました。

このクルマになってからというもの、常に家族総出で超安全運転に徹せねばならず、このクルマの潜在能力を引き出してあげることと、写真撮影をジャマされずに楽しむことが出来ませんでしたので機嫌を損ねぬように丁重にお願いしていました。

ところが、そんな貴重な一日にもかかわらず目覚めたときは雨が・・・

出かけるのは止めようかな、と諦めかけましたが、どうせなら雨でも絵になりそうな場所、ということで考えたらありましたよ!いい場所が。

Imgp8252

出かけたのは午後一時過ぎになってから、しかも高速も下道も相模湖まではノロノロ。山梨へ入っても交通量は多く80キロ前後でのお行儀の良い走りなのでここへ辿り着いたのは既に夕方4時過ぎだというのに三連休初日という事もありインター出る前から渋滞にはまり、ゲート出た後もその先の信号までずーっと渋滞でした。ちなみに一般世間は三連休ですが私は夜には仕事です。昼過ぎてからこんなとこまで出かけるのは自殺行為以外の何物でもありませんね。

Imgp8352

ノハラアザミやニッコウキスゲが咲き乱れています。

Imgp8356

↑ここまでPENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited

最初から天気が悪いことが前提になっている場所といえば、やはり霧が峰でしょう。

キリも良いあん梅に出てくれています。

Imgp8415

↑PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4 ED AL

Imgp8286

↑PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4 ED AL

Imgp8333housha

PENTAX K10D, SIGMA APO 70-300mm DG MACRO F4.0-5.6 Photoshop elements 7加工

つづく。

| | コメント (2)

久しぶりの現像

デジ一買った始めの頃は RAW 現像も気合入れてやったりしていましたが、だんだんショット数が増えるにつれて面倒臭くなり、JPEG で横着するようになってしまっていましたが、やはり RAW ファイルだと微妙な色再現性が素晴らしいですね。

Imgp8195

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f5.6, 1/250sec. ISO 100 , WB 4500k

 RAW ファイルを現像したものですが、空がきれいに再現されています。PLフィルターは使用していません。JPEG ですともっと白つぶれ傾向で雲と空の境界が判らなかったりします。

Imgp8200_edited1

PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f4.0, 1/1000sec. ISO 100 , WB 5200k

↑これの見どころは空ではなく、ボディカラーにあります。モロブルーという濃紺パール色ですが、JPEG ですとなかなか見た目どおりの色が出ません。

このショットは非常に満足出来る色が出せています。

Imgp8213_jpg1

↑ PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f3.5, 1/1500sec. ISO 100 , WB 5200k, JPEG撮って出し

Imgp8213_raw

↑ PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f3.5, 1/1500sec. ISO 100 , WB 5200k, RAW現像

この2枚の比較では、うーん?現像のほうが白っぽいような感じになってしまいましたね・・・ 明る過ぎるのかな?

ま、とにかく面倒がらずにもっと現像しよう、と思い直しているところです。

| | コメント (2)

550 miles a day. (part 2)

Imgp80931

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f9.5  1/45sec. ISO:100, PL

PLフィルターの効果が強すぎてボディの反射が不自然に見えています。

Imgp8107

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f8.0  1/60sec. ISO:100, PL

会津若松へ到着し、鶴ヶ城を見ていくことにします。

Imgp8117

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f8.0  1/20sec. ISO:100, PL

Imgp8124

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f9.5  1/45sec. ISO:100, PL

落ち着いた雰囲気で趣が感じられます。

Imgp8138

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f9.5  1/180sec. ISO:200, PL

このあと遅めの昼食に喜多方ラーメンを食べ、磐越道に乗り新潟へ向かい、おいしいお魚を買って帰りました。

Imgp8164

| | コメント (0)

555 miles a day. ( part 1 )

クルマも変わり、麻生政権の後押しもあったのでかねてより行きたいと思っていました福島・裏磐梯へ強硬日帰りで行ってきました。

Imgp8077

↑PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f2.8  1/2000sec. ISO:100

休日高速1,000円というのは真っ赤なウソで、東名高速横浜町田~用賀550円、首都高速500円、東北道川口~磐梯猪苗代1,700円、といった具合に結構掛っています。

Imgp8058

↑ PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f11.0  1/60sec. ISO:100

クルマの運転は疲れますので新幹線も休日どこまで行っても1,000円にしてくれたらいいのに。

Imgp8073

↑ PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f11.0  1/45sec. ISO:100

自宅を出発したときはどんより曇っていましたので大して期待もしていませんでしたが、北上するに従って晴れ間が広がり、最高のドライブ日和となりました。

Imgp8093

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f9.5  1/125sec. ISO:100,

PL

Imgp8100

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f9.5  1/30sec. ISO:100, PL

PL フィルタを使うとボディカラーが一層生えることに気がつきましたが、効果を最大にしてしまうとシチュエーションによっては違和感のある写り方になってしまいます。

Imgp8062

PENTAX K10D, smc PENTAX DA16-45mm F4.0 ED AL, f11.0  1/45sec. ISO:100, PL

Imgp8081

PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f9.5  1/125sec. ISO:100

(つづく)

| | コメント (0)

JSP-chip導入

約2週間ほど素の状態でのフィーリングを味わいましたので今回もイシカワさんにお願いすることにしました。

Imgp7741

以前乗っていましたゴルフⅣGTI でもステージチューニングを施していただきました。

今回の車はターボではありませんので劇的な変化というほどでもないとは思いますが、ファインチューニングということでやっていただくことにしました。

Imgp7750

ガレージへ入りまして、まずは毒キノコ(P-Flo)の交換です。

Imgp7745

そして、いよいよ NEUSPEED Japanese Spec P-Chip のインストール作業です。

Imgp7754

以前は ROM Chip を脱着して作業を行っていましたが、最近は故障診断ポートを介してインストールが出来るようになっているようです。

このクルマに関するスペックはこちら

作業後には石川氏による確認試乗を経て、無事作業完了です。

Imgp7757

このクルマはあまりゴチャゴチャいじらずに品よく乗るのが良い(C)石川氏

との言葉通り、センスよく乗れるようにしたいなぁ、と感じているところです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧