カテゴリー「隠れ家レストラン」の記事

パエリヤ食べ放題

ソレアドで18周年記念のパエリヤ食べ放題企画がありましたので食べてきました。

Imgp6808

食べ放題ということで開店前から行列になっていました。

さすがに、そこいらのラーメン屋とは違いますので行列状態を撮影することは遠慮しました。

Imgp6799

ランチではスープ・サラダ・ドリンクとパエリヤ食べ放題で1,050円。

夜の部ではそれに加え、タパス3品とパエリヤが2種類に増え、2,100円ということです。小学生は半額になります。

Imgp6813

可愛らしい雛人形が飾ってありました。

Imgp6810

直径60cm程もあろうかというデカいパエリヤ鍋に炊き上がったばかりのパエリヤが次々と運ばれてきますが、生存競争が激しく、撮影している余裕がありません!

Imgp6819

何しろ後が支えていますのでゆっくりと味わうというわけにも行かず、お腹いっぱいにはなったものの、ちょっと落ち着きがありませんでした。

Imgp6800

食べ放題レイアウトのために追いやられてしまったモノ達です。

やはり、こういったものは安さよりも、ゆっくりと時間を気にせずに味わいたいものです。

またそのうちにフラメンコでも観に来ようっと!

| | コメント (0)

Pasión Flamenca en SOLEADO para Navidades.(その2)

すっかりご無沙汰してしまいましたが、皆様、あけましておめでとうございます!

本年もぼちぼちマイペースで更新して行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

年末年始もまとまった休みの無いうえ、殺人的な忙しさにブログ更新どころではない状況が続きました為に大幅に遅れてしまいましたが、クリスマスのフラメンコの続きです。

Imgp5220_4 Entremeses

ワインをオーダーしまして待っていますと、前菜が運ばれてきました。

昨年はハモン・セラーノやローストビーフなどが乗っかっていましたが、今回はエスカルゴが鎮座ましましています!

見た目も味わいも華やかな一皿でした。

Imgp5235 Imgp5228Imgp5229_2Imgp5230   

スープ、サラダは撮影忘れました・・・

そしてメインのパエジャが運ばれてきました。

Imgp5237 シーフード満載ですね。

檸檬を絞っていただきます。

このパエリア、自宅で何度かチャレンジしたことがありますが、満足する出来栄えに仕上がったためしがありません。

レストランでオーダーしても米がカチカチになるまで炊いてしまってあったり、具の貝やイカが硬かったり、美味しくないところは枚挙に暇がありません。本当に難しい料理です。ここのはもちろんグーですよ。

Imgp5239

さて、パエジャに手をつけようとしていましたら、照明が暗くなりました!いよいよショウの始まりです!

Imgp5248

今回のキャストは

Baile (踊り) 草野櫻子さん、奥濱春彦氏、小島裕子さん、守屋理沙さん

Cante (唄) Sr.チェマ

Guitarra (ギター) 原田和彦氏

私はフラメンコにはあまり詳しくありませんが、フラメンコをやっているお友達の話では非常に著名な方々でいらっしゃるそうです。

実際に目の当たりにしますと、表情、指先の表現力、気迫、どれをとっても素晴らしく、感動させられます。約10年間ほとんど毎年といってもいいくらい観て来ましたが、なかには素人目に見ましても「この人はイマイチだなぁ」という方もいました。しかし、ここ数年は毎年感動です。

Imgp5258

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f3.5, 1/250sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

この露出では暗過ぎです。それに、やはりこのカメラの弱点である高感度時に於ける暗部ノイズの多さを露呈していますね。

Imgp5274

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/125sec. ISO 1600 , WB auto,,±0.0EV

一瞬を切り取ると、なんだかカンフーでもやっているみたいですね・・・

Imgp5300

PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f3.5, 1/90sec. ISO 1600 , WB auto,,-0.5EV

小島裕子さん。小柄な体格に似合わず気迫溢れる踊りっぷりです。

Imgp5341

PENTAX K10D, smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f3.5, 1/90sec. ISO 1600 , WB auto,,-0.5EV

草野櫻子さん。表現力が素晴らしく、初めて観た時からこの方の世界へ引き込まれてしまっています。晴らしい踊りです。

Imgp5425

smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited, f2.8, 1/90sec. ISO 1600 , WB auto,,-0.5EV

守屋理沙さん。毎年観ていますが観る度に素晴らしくなって行くのがわかります。

Imgp5462

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/60sec. ISO 1600 , WB auto,,±0.0EV

奥濱春彦氏。男性のバイレはやはり迫力が違います!ステップの音も凄いです。

女装した男性のバイレは初めて観ましたが、これにはちゃんと意味がありました!

Imgp5466

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 1600 , WB auto,,±0.0EV

なーるほど! こういうことでしたか。面白い演出ですね。なかなか楽しいです。

Imgp5518

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f2.4, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

今度は男性として登場です!衣装が凄いですね!

Imgp5581

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

お着替えして再登場です。

Imgp5594

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

真っ白の後は真っ赤へ!シンプルな色使いのドレスがキマっていますね。

Imgp5638

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

空中浮遊しています(爆)

Imgp5661 PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

うーむ。ゾクゾクしますね。

Imgp5696

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

最後は皆で締めくくります。

今回は時間もとても長く、衣装替えを何回も行うなど凝った演出でしたね。とても楽しめました。

Imgp5750

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f1.8, 1/90sec. ISO 800 , WB auto,,±0.0EV

全て終わりまして、退場です。

皆様、お疲れさまでした!次の機会を楽しみにしています。

デザートとカフェがサーヴされ、余ったワインを持って帰りまして、改めてきちんとしたグラスでチーズとオリーヴと一緒に妻と飲み干しまして、シアワセなクリスマスでした。

Imgp5768

あ、子供が寝ましたのでサンタクロースのお勤めを忘れちゃイケマセンね!

この一晩で500枚以上シャッターを切りまして、RAW → JPEG 現像100枚ほどしまして死ぬほど疲れました!その中で気付いたことは、速いシャッターが切れない中で動きも速いので当然被写体ブレが発生するのですが、身体はブレていても頭だけは殆どブレていないということです。それが美しく見える秘訣なのでしょうか?

ここだけではお伝えしきれない写真たちはこちらにてお楽しみくださいませ。

| | コメント (0)

Pasión Flamenca en SOLEADO para Navidades .(その1)

いよいよ今年もクリスマスがやってきましたね!

ギターが好きなFutoshi. S さんもお誘いし、今年も SOLEADO でのフラメンコ・ディナーショーを楽しんできました。

Imgp5197

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f4.5, 0.7sec. ISO 200 , WB auto,,±0EV

昨年のときの写真は古いコンデジで撮影したものですので今回やっと綺麗に撮影することに成功しました!

Imgp5214

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f3.5, 1/10sec. ISO 400 , WB auto,,±0EV

Imgp5217

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f3.5, 1/8sec. ISO 400 , WB auto,,±0EV

Imgp5223

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f2.4, 1/10sec. ISO 200 , WB auto,,±0EV

Imgp5226

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f2.4, 1/6sec. ISO 200 , WB auto,,±0EV

94年物の“オヤ・エスペサ・グラン・リゼルヴァ”というのをオーダー。スペイン産です。フルーティさ、若々しさを持ちながらも深い味わいがあり、素晴らしいワインです。

Imgp5231

PENTAX K10D, smc PENTAX FA31mm F1.8 AL Limited, f2.4, 1/10sec. ISO 200 , WB auto,,±0.0EV

写真は続きますが、今日は時間切れになってしまいましたので続きはまた後日。

| | コメント (2)

Soleadoでランチ

或る用件でFutoshi. S.氏(以下エス氏)と会うことになり、待ち合わせの時間前に用事を済ませ、自宅へ戻る道中でちょっと撮影をしようと思いクルマを止め、カメラを構える。

カシャ!よしよし・・・ 

あれっng メモリーカードが入っていませんdownだって。

しょうがないのでケータイで撮ったのがこの写真です。

Kiso1

町田にある、パトリック・キソ・ガーデンというフレンチ・レストランです。結婚式場も兼ねています。建物の外壁は120年前のイギリスの由緒ある建造物から移築したものであるということです。こちら側は裏なのですが、表へ回るとN.Y. 五番街にあるセント・パトリック大聖堂から移築された大きなステンドグラスがあります。

撮影していると、エス氏から「もう着いたよ~」とメールが来ましたので慌てて自宅へ戻ります。

まずは我が家で珈琲でも飲みながらひと休み。ちょうど娘の七五三の写真が出来上がり、受け取ってきたところでしたのでそれを眺めたりして過ごします。

お昼になったので食べに行こうということで、すぺいん割烹 SOLEADO へ向かいます。

Imgp4006

Imgp4007

ランチメニューはなかなかお手ごろな予算で楽しむことが出来、満足度高し、と申せましょう。

Imgp4017シーフードのパスタ 週替わりのランチ(鶏肉のパプリカ煮)

Imgp4015

Imgp4019 牛ロースソテー 赤ワインソース(デカい!)

Imgp4013基本セットのスープ、サラダ、パン、珈琲。

Imgp4018 超美味しい果肉入りのシャーベットもあるのですが撮影する前に子供たちにさっさと胃袋に送り込まれ、あの世行きです。

Imgp4022

Imgp4004

Imgp4021

Imgp4011

店内にはこんなお魚も泳いでいます。

今日の大きな目的は一人でクヨクヨ思い悩んでいるケイ氏を励ますこと。

不運にも勤務先が倒産してしまい、暫くしてやっと新たな就職先が決まり(オートバックスだそうです)落ち着いた頃だろうという事で突撃することとなりました。エス氏と私が知り合うきっかけを作ってくれたのはケイ氏。その後ケイ氏は別の友人との見解の相違により引きこもり状態になってしまいエス氏に会いたいと言っていましたがなかなか出て来れなくなってしまい、更に勤務先の倒産という不運が襲い掛かります。その後いろいろとありましたが、仲違いした友人とも連絡を取るようになったようですし、念願のエス氏とも今日一年ぶりの再会を果たし、私も数ヶ月ぶりに彼の元気な姿に接することが出来ましたので行った甲斐はあったと思います。

これで、電話をかけても応答せずに数分後にメールで『お電話いただきましたが、何かありましたか?』などと返してきたりすることがなくなってくれれば完全に元気になったといえるでしょう・・・

早く元気になってくれますようにgood

| | コメント (5)

食道楽うさぎ ~ 仏蘭西 ~

Imgp0749_1024_2 3月に入り、日中はポカポカ陽気で急に春めいてきたきょうこの頃ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか? 気候と共に気持ちのうえでも春の予感(?)がしています、Brew Kittyです。

最近何かと不運に見舞われて気分がむしゃくしゃしている友人の気晴らしにでもなればと思い、無理やり連れ出して私のお気に入りのお店でフレンチをいただいてきましたwine 今回は、私のお気に入りの隠れ家レストランシリーズ、

ラン編をご紹介します。

多摩地区ではかなり評判のル・ラパングルマン。裏通りではありませんが、ひっそりと隠れるように建っています。知らなければうっかり通り過ぎてしまいそうなとても小さなお店ですが、オーナーシェフ・尾上氏の創る素晴らしい料理はミシュランガイドに載ってもおかしくない内容であると思います。しかも、ビックリするくらい安価なのですから、鬼に金棒です。これをお読みになり、興味をもたれた方は騙されたと思って是非一度足を運ばれることを強く推奨いたします。

このお店を知るきっかけとなったことは、8年ほど前に八王子にある“ボンジュール・パリ”というフレンチに行こうということになり、現地へ行ったのですが、お城のような館は真っ暗で幽霊屋敷と化しており、まさか?とは思いましたが念のため隣接する同系列の“ひな鳥山”にて確認したところ、笑顔で「潰れました!」とのこと。途方に暮れる私たち夫婦に対応してくださった方が「フレンチを楽しみたいのであればここがお勧めですよ」と教えていただいたのが始まりでした。

こんかい、たまたま時間が取れたのに加え、急遽、妻の友人もお誘いすることが出来たので元気の無い友人を半ば強制的に誘い出しました。私の得意な、唐突思いつき企画です。私の気まぐれで自分勝手な一言に嫌な顔もせず遠路はるばる数十キロの道のりを来てくれるのは嬉しいのと同時に申し訳なさを感じてしまいます。

Imgp0746_1024さて、お店に到着しました。 実はこのお店、駐車場がありません!公共交通機関の利用が推奨されています。まぁ、お酒を飲むのであれば建前上は問題になることは無いはずなのですが・・・

← らーめんは隣のお店で、この記事とは無関係であることをお断りしておきます。

Imgp0757_1024Imgp0751_1024 

お店の雰囲気はフランスの田舎にあるビストロなどを想わせるものでとても親しみ易さを感じさせます。オーナー自らコンセプト、施工全てに関わり仕上げたというお話です。こういったお店作りのコンサルタントなどもされているとのこと。

メニューを拡げ、どのコースにするかしばし相談・・・ 自分の誕生日が近いのでシェフのおまかせコースにしてワインのフルボトルサービスを活用しようと思ったのですが、舌平目と牛タンのコースというのを発見し、皆でそれをいただくことに。

Imgp0754_1024 親しみやすさと品格の同居したテーブルの眺め。

Wine1 ハウスワイン(ソーヴィニョン)をいただくことに。

Imgp0763_1024  オードブルはエスカルゴ

何年振りかの味わいです。

「苦手なようでしたら他のものに変えますが」、と聞かれましたが、「あ、問題なし!」と即答。カタツムリだと考えず、貝と思えば良いのです。いいですか? これは、貝です!

パセリバターが効いていて美味しい。

Imgp0764_1024_2 スープ

野菜のポタージュ

クリーミィでコクがあり、複雑な味わいでした。

Imgp0765_1024

魚料理

舌平目のムニエル

いや~シアワセですね。

ソースがこれまた絶品でした。

Imgp0769_1024 さらだ

我が家で作るときの参考にさせていただきます。

Imgp0768_1024 お口直しのグラニテ

もうチョッと大きければいいのになぁ(爆)

Imgp0770_1024 お肉料理

牛タンの赤ワインソース

牛タンもすっかり高級食材となってしまいましたね。

焼肉も美味しいけど、煮込みのこの柔らかさもたまりません。

Imgp0773_1024 デザート

この素晴らしい繊細な味わいにデザート好きの友人は驚嘆していました。

Imgp0777_1024 demitass cafe

これで税込みわずか\4,600/1名当りというリーズナブルプライス。

まさに、

、です。

良き友人と語らいつつゆったり流れてゆく時間を美味しいものを囲みながら楽しむ。

子供が生まれてからは頻繁には行けなくなりましたが、ひさしぶりに良い雰囲気で素敵なディナーを楽しむことが出来ました。

Imgp0780_1024_2

写真全て : PENTAX K10 D, smc PENTAX FA31mm F1.8AL Limited により撮影しました。

| | コメント (0)

アメリカ的イタリアの隠れ家

クルマの世界で出会い、カメラ好きなことでも一致してしまったこの友人と久しぶりにお会いしてぶらっとお出かけしました。

Imgp0518_1024 待ち合わせたのは、相模大野の"ITALIAN GARDEN"。見かけはボロく、『え、ホントにここってやってんの?』という雰囲気で、しかも建物を覆い尽くすように育った植栽のせいで、知らない人はたいてい気付かずに通過してしまいます。が、隠れた名店で著名人もたびたび訪れるそうです。

まさに的一軒家のレストランです。

いったん通過してしまっったのでケータイを鳴らして呼び戻し、店内へ。

Italy1 Imgp0502_1024 45年前にアメリカ人によって建てられたままの建物はとても渋く、18年ほど前私が最後に訪れた時と何も変わっておらず、風格が漂います。Italy3 昔、相模原にはキャンプや米軍病院などの施設がたくさんあり、その人たちが対象のお店であったので中は昔のジュークボックスなどが置いてあったりしてもろアメリカ的な空気が満ちています。

今回は通常のランチメニューでしたが、予約すれば昼のコースメニューも味わえますし、夜はアラカルトからコースまで味わえるのが魅力です。

食事をしながらお話をしていて、クルマの写真を撮りに行こう!ということになり店を出た後は横浜へ向かいました。Imgp0550_1024赤レンガ倉庫を散策し、ベイブリッジを潜り抜け、大黒埠頭へ。

Imgp0511_1024 Imgp0525_1024 二人して地面に伏せたり、背伸びしてみたりしながらパシャパシャとシャッターを切る姿を眺めていた妻からはオタクだと言われましたがそんなことは承知の上なので気にしません。

これを読まれた方たちは分かっていただけますよね!

Imgp0556_1024 Imgp0563_1024 Imgp0591_1024

そんなこんなであっという間に日が暮れ、楽しい休日が終わりました。

Imgp0584_1024_2

Imgp0559_1024_2

Imgp0569_1024_2

帰りにガストで晩ご飯を食べていこうということになりハンバーグを家族4人で食べましたが、なんと、昼の半額以下でした! 

内容はともかく、ガスト、恐るべし。

続きを読む "アメリカ的イタリアの隠れ家"

| | コメント (2)