« 原チャリ買い換えた | トップページ

ビール工場を見学

02img_0013
①夏の夕暮れ
 
上の娘は義姉のところへ遊びに行っていて代わりに甥っ子が家に滞在中・・・
ながーい夏休みの思い出作り!子供たちには社会見学、大人はタダでビールを試飲!
一石二鳥ということで、あの、スーパードライのアサヒビール神奈川工場へ行ってきました。

03img_0023

②普段とは様子が違うので落ち着かないダン

はじめは府中のサントリーか、横浜の麒麟にしようかと考えましたが、調べてみると、足柄にアサヒビールの工場があるということが分かりました。

予約が必要ということでしたので、予め手続きをしておきました。

07img_3296

③電車を待ってる間、7Dの試し射ちです

当日は天気も良くて、お出かけ日和!だったのですが、甥はというと、行きの電車内で早くもうたた寝(笑

08img_3297

④着いたら起こしてね^^

新松田で降りたら、バスで20分ほど揺られて、到着です。ものすごい山奥です。
でも、きれいな水が出そうです。美味しいビールは、美味しい水から生まれるのですから、場所選びは大切ですね。

09img_3298

⑤工場のながめ

受け付けを済ませると、見学の始まりです。しかし、ここで大きな問題が!

初めに通された部屋でビールの製造工程などレクチャーの映像を見るのですが、これより先はコース終了まで撮影禁止ということなんです。
残念ですが、仕方ありません。

巨大な麦汁煮沸釜や、ものすごい速さで動きながら充填されていくラインなど、目を見張るものがあります。自宅でのホームブルーイングの経験と比較すると、改めてスケールの違いを感じます。

発酵用の大きなサイロが屋外で太陽と戦っていますが、こんな状態でどうやって温度管理をするのか不思議でならなかったので、ガイドのお姉さんに質問してみましたら、壁は複層構造になっていて、コンピューターで温度管理しているので真夏でも定温維持できるとのことでした。うーむ。さすがだ!自宅の仕込みではでは夏になると発酵中のウォート(麦汁)が適温範囲を逸脱してしまい、味がおかしくなってしまう恐れがあって、すごーく気を遣うんです。家にもこんな設備があったらなあ・・・などととんでもない妄想が浮かぶのでした(笑

1img_3304

⑥サーバーのスタンドコックがいっぱい生えています!

さて、見学も一通り終了し、いよいよお待ちかねの試飲

11img_3301

⑦グラスですが、レギュラー缶一本分は優にありそうです。

試飲は一人三杯まで。制限時間があります。スーパードライとレーベンブロイから選択できました。

空腹だったこともあり、一気に酔っぱらってしまいました。

アサヒ、とりわけスーパードライはサイダーみたいに飲み易く、これまであんまり好きではありませんでしたが、工場で飲んだものはとてもイケていました。

15img_3315

⑧お土産コーナー発見!

17img_3317 

⑨懐かしいデザインのラベルが!

30img_3344

⑩バスの往復切符の復路券を見せるとこのグラスをお土産にもらえます。(自家用車で来た人はもらえません)

20img_3327

⑪入り口横には土産物店があり、足柄にちなんだものがたくさんありました。

こういった社会見学は、子供にも大人にもいろいろな発見があったり、勉強になるうえ、楽しいと思います。

またいろんなところを探して、見学に行かなくちゃ!

|

« 原チャリ買い換えた | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原チャリ買い換えた | トップページ