« 2010年10月 | トップページ | 2011年6月 »

2010年12月

富士百景?

近頃は富士山方面の撮影に出かけることが多くなりました。
以前から時々出かけついでに撮って来てはいましたが、いろいろな方の影響で毒が回りつつありますね。

なにしろ富士山撮影に向かう人々たちで談合坂が満車になってしまう(??)ほどの影響力がありますので私もそれに感染してしまったということでしょうか(笑

ということでこれまで撮ってきたものを少し。



忍野村


忍野村


忍野村



モノクロで


2007年11月


山中湖


シャワーヘッド


sunset

| | コメント (0)

マウント増の弊害

レンズマウントは各社独自の規格ですので当然のことながら違うメーカーのカメラを買うとレンズも新たに購入する必要に迫られますね。
マウントアダプター+単焦点・全てMFでの撮影というのもじっくり撮る分にはオツなのですが、イマイチ機動性に欠けるものがあります。
ですので、お手軽なズームを一つ買わなければと考えていましたが、キヤノンの純正品は私にしてみれば高価ですので今までガマンしていました。でもせっかくのフルサイズ、ということもあり、ちょっと奮発してこれをラインナップに加えました!

EF24-105 F4L

さすがにF2.8クラス以上のものはお手軽に購入できる価格ではありませんのでF4ですが普段使いには上等でしょう。

とはいえ、シグマ24mm F1.8、アダプター経由での FA31mm F1.8 Limited、 FA77mm F1.8 Limited などの使用のためにフォーカシングスクリーンを スーパープレシジョンマットEg-S に交換してしまったので夜などはファインダーがものすごく暗く、使いづらくなっています。それでもAFはきちんと作動していますので問題はなさそうですが、戻すかどうか思案中。

早速お散歩へ・・・


魚眼?



ボケ方はやはり開放F値1.8のレンズには適わない部分があるかと思いますが、シグマのほうがパープルフリンジが目立っていましたのでやはりLレンズを標榜するだけのことはありそうですね。ボケもフルサイズになりますと調子に乗り過ぎると被写界深度が浅すぎてハマるので注意が必要なんですが。

でも、こうして比べてみるとペンタックスのレンズは価格の割には相当イイ線行っていそうです。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年6月 »