« 自家焙煎に挑戦 | トップページ | 接写リング1でパン »

旅荘 船越

今となっては昔のことになってしまった感はありますが、ずっと気になっていたことですので書いておきます。

既にいろいろな方面で報じられていますように、湯河原に在った旅館、“船越”の女将、平野洋子さんが亡くなられました。

2004612_009平野さんとは親しき仲というわけではありませんが、6年ほど前にこの旅館を利用したことがあり、非常に感銘を受け「そのうちまた宿泊したいね」とかねてより妻と話していましたのでこのようなこととなりまして大変残念です。

彼女はパニック障害と鬱を併発していながらも女将、そして経営者として精一杯人生を歩んでこられました。
旅館はとても印象的で料理もさることながら部屋は僅か6室しかなく、それぞれが独立した造りとなっており部屋ごとに源泉のひかれた古代檜の風呂や品格を感じさせる調度品の数々など昭和の時代を感じながら落ち着ける趣のある宿でした。
洋風なものが大好きなミーハーな私ですが、日本人としての認識を新たにさせてくれる素敵な場所でもありました。
俳優の船越英二さん(故人)ゆかりの宿としてあまりにも有名ですが、女将であり経営者としての洋子さんのご努力無しにはきっとこの質を維持できなかったことでしょう。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


|

« 自家焙煎に挑戦 | トップページ | 接写リング1でパン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自家焙煎に挑戦 | トップページ | 接写リング1でパン »