« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

チョッと、旧いカメラ

三脚を買いにキタムラへ行ったらいいモノを発見!

ASAHI PENTAX ME

1976年12月発売のアサヒ ペンタックス ME ですが、スクリュータイプのM42 ではなく、バヨネット K マウントなので FA Limited などが装着出来ますね。FA31mm、77mm のフィルムカメラでの写りを確認できることと、昔の機械カメラの雰囲気が懐かしくて三脚と一緒に買ってきたした。

ペンタ部には旭光学のマークがあります。80年代半ばまでの一眼レフはやはり精密機械という感じがして触っていて飽きません。それ以降のものはプラ外装のものが多くなり、機能的には便利なのですがオモチャっぽくて買おうという気になりません。

持ち帰ってまずK10D と比較してみました。

Cimg0305

当時世界最小・最軽量ということでしたがやはり小さいですね。ではK-7のような凝縮感があるか、というと見た目そんなでも無いんですが、精緻な印象はあります。くっ付けてみたFA77mm がこんなに大きなレンズだったとは・・・(笑)

手前にある M 1:1.4 50mm はME とセットになっていたので一緒に持ち帰ってみたらレシートにはカメラ本体が¥5,000-、レンズが¥7,800- と別々に書いてありました。このレンズ2本目なのですが、別々に買えるのなら要らなかったなー。

Cimg0299 これはファインダーを覗いた様子です。

実絞り測光ですのでその値に応じたSS がLED で示されるようになっています。

像倍率 0.97倍@50mm 視野率 92%

ということのようです。視野率は100%ではなかったのですね。

それでも見える像は大きく、ピントの山もつかみやすいのでマニュアルフォーカスが大変楽しいです。子供の頃PENTAX SV で撮りまくっていたことを思い出してうれしい気分です。

Cimg0300 こちらはピントがずれている時のものです。中央部分の像が左右にずれ、ジャミジャミ(?)になっています。

コンデジをファインダー窓にくっ付けてマクロで撮りましたが超近接撮影が出来ないのでこの写真自体の焦点が合っていなく、分かりづらいかもしれません。

やはり、こういったものを見てしまいますとフルサイズは良いと思います。K10D を購入して覗いたときにこのファインダーの見え方、そして大きさに感じたちょっとした違和感はいまでも覚えています。

Cimg0301 原始的、といえば原始的なのですが、こういった小さなものを造ることは大変なんだろうなぁ、と思います。

カメラや時計が高価なのは仕方の無いことなのかもしれませんね。

このカメラはシャッタースピード選択が出来ません。絞り値に応じた最適値をカメラが決めてくれるわけですが、速いシャッターが欲しいときは絞りを開け、遅いのが良ければ絞り込めばよいわけで別に不便なことはありません。しかし、ASA (ISO) 400 のフィルムではSS1/1000 では状況によっては苦しい場面が出てきそうです。この点デジカメはやはり便利ですね。

せっかく買ってきたので近いうちに実際に撮影してみようと思っています。

| | コメント (3)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »